Rubyで文字列を区切り文字で配列にするsplit

結論「str.split(“区切り文字”)」

str.split("区切り文字") =>Arrayが戻り値
「"あいあいあいあい".split("い")」 =>["あ", "あ", "あ", "あ"]
.split("い").size => 4
.split("い").class => Array
.split("い")[4].nil? => true
  • 値がなければ最後は区切られません。しかし「あいあいあいあい い」は空文字の要素が作成されます。
  • Stringオブジェクトのメソッド。
  • 区切り文字は任意に指定ができる。
  • 出力は配列です。

サンプルもうひとつ

str = "あいうえおoooかきoooくけこさoooしすせoooそ"
array = str.split("ooo")
puts array.class
p array
puts array[2]

サンプルまたもうひとつ

例えば文章を書いたとする。

test.txt↓
おはようございます。
今日もいい天気ですね。
でも夕方からは雨が降るそうですよ。
傘を忘れてしまいました。

これを1行ずつ配列化したいと思います。

test.rb
file = File.read("test.txt")
#puts file.class
array = file.split("\n")
puts array
puts array[3]

「文字列ドットスプリット区切り文字配列化」覚えましょう!