ケトン生活(自称)約3か月が経ちました

結論

3か月で-3.9kg

報告

ケトン生活…。しばらく書いていませんでした。

筋トレさぼっています笑。

ブログを確認します。今回は3記事目で…。

  • 1回目2020年09月08日
  • 2回目2020年10月21日
  • 3回目2020年12月09日(この記事)

1回目の記事で「1週間」と書いているので、3ヵ月と1週間くらい経過したところですね。

現在の体重は75.0kgです。たまに74kg代に突入しては戻りと一喜一憂してます悲笑。

そう言えば、体重のこと書いていませんでしたよね。記憶をたどります。というか最初の数字って印象強いので覚えてます。78.9kgです。「もう少しで79kgか!?」から始めました。80kgまでもうちょいか。ちなみに計測時間は夜のお風呂前に計ってます。ほんとは朝に計りたいのですが、だるくて…面倒で。まぁ「同じ時間に計る」はクリアしているのではないでしょうか笑?

約3か月の成果

「-3.9kg」ですね。

(ちなみに2回目の記事で「1ヵ月半で1kg減」と書いてますね。)

3か月で-3.9kgです。

まだまだですね。これが「1年で10kg」と数字が大きくなると、やっと「おっ!?」と思いますよね。ただ1年で10kgだと、微妙です笑。それほんとにケトン?ほかの要素大きくない?と自分でもツッコミたいです。

重要なことは体重に限らず、「健康かどうか?」ですね。体重も落ちて、健康であり、生活習慣病から距離を取れれば御の字です笑。

【自分の状態】

  • 特に健康被害を感じない

【思ったこと】

ほんとにケトン体が増えてきているのか?ケトン人間になれているのか?確認することができない。体重計や脈拍系みたいにケトン値を計れるといいのですが。

お腹が空くスピードが速いかもしれない。ごはん、糖質って腹持ちが良かったのかな?もしかするとケトン食をおこなう場合、3食とかの概念を変えないといけないのか?お腹が空いて、糖質を抜いているからといってドカ食いしたら胃に負担がかかる気がする。好きで食べるならいいけど。

もしかするとケトン生活とは、空腹状態を食いつなぐこと…。あっ、いや、間違った、「空腹じゃない状態を糖質を抜いて食いつなぐこと」なのではないかと思っています。小学校の理科の直列つなぎではなく並列つなぎみたいな?わからないですね笑。この記事は「へぇ~」でお願いしますね。

空腹になるとガツッっと食べてしまうから。ここら辺は性格というか体質か。ただの個人の食欲差?

あと消化が速い気がする。「気がする」だからね。

あと賛否両論、またはマーケティング負けしているかもですが、週3でファミリーマートのバターコーヒーを飲んでます。バターコーヒーについてはよくわかりません。反論者もいますしね。でもとりあえず飲んでます笑。

また報告します!!(誰に!?笑)