javascriptを読み込む、使う方法

直接書く

scriptタグを使って、javascriptのコードを直接html内に書く。

<script>
alert("hello, world");
</script>

別ファイルから読み込む

拡張子jsの任意のファイルを作成し、作成したファイルにjavascriptのコードを書き、scriptタグを利用して外部のファイルを読み込んで使用する。

alert("hello, world");

function hello(){
  alert("hello, world");
}

メリット、デメリットあるけど、結局は本人の好き嫌いやクセで自分の形を作っていくことがほとんどである。しかし、共同で作業する場合はルール作りが必要でケンカしないように調整・交渉する必要があります。自分一人ならなんでもいいです。いつかコードを売るときが来たら、その人に任せましょう。

よくある失敗と注意

「あれ?動かないぞ?」

javascriptで定義した変数や関数をhtml中で使用したい場合は「使う前に読み込んでおかないといけない」です。