感染症予防対策のひとつ「換気」について扇風機に一役買ってもらう。

結論

扉を開け、境界より少し内側に扇風機を置く。扇風機の風の向きは内から外へ出るように置く。
こうすることで時間はかかっても部屋の奥まで効果を発揮することができる。もし1台しかないならここに置くべし。

___
  |
  |
●→
  |
__ |

しかし、どこか窓や外気との出入り口が空いていて、扇風機の力が自然の風より弱く押し戻される場合がある。そういう時は扇風機の向きを逆転し、対辺に通気口があればそこを開けて、風を加速させて排気したほうが有効と思われる。実際に家でやってみました。服をはたいて、ほこりを粒子に見立てて。

扇風機について

扇風機と言えば、本来は涼むための夏の風物詩。現代はエアコンというものがその代表例になっているが、自分自身学生の頃は経済的にもしんどかったので扇風機で夏の暑さに対処したものである。夏の相棒みたいなもんだ。

扇風機の動作原理について書くことは、おそらく小学生の勉強やモーターや科学ついてエントリーする人に役に立つだろう。私自身モーターについての科学的基礎には興味がある。もちろんわかりやすく書ければの話。しかし、私の人生の中で扇風機の動作原理について書くことはいまは優先順位が低い。書くからには調べてちゃんと書かないといけないと思うので、割ける時間がない。(意外と新しい発見もあるかもだけどね。ちゃんと調べて書いた記事はほぼ一生自分のためになるから。)

電気で風を作る道具。

電気代はいくらかかるか、うちわであおぐのは疲れるし、窓を開けて風が発生しないときに役に立つ。とにかく扇風機を買ってきたらボタンを押して風を作ることができる。電気代だって正直、環境をここでは考慮しないとして微々たるものだと思っている。

扇風機はただ涼しくしてくれればいいし、換気に一役買ってくれればいい。安いほうがいいし、タイマー機能がついていればいいけど、ついてなくてもいい。コモディティ化しているので、出火しない限りどれも一緒だと思っている。子供に関する事故のために羽ガードはちょっと頑丈なほうがいい。静音性もそこまで気にしない。「あぁ、回っているからこのくらいの音はしょうがないよね」っていう。

でも換気に一役買ってくれるコイツはとても頼れて、安心感をもたらしてくれる。

Windows10でたまにNASのLinkstationに接続できないを解消する方法

結論

Windowsの設定で「SMB1.0/CIFSクライアントにチェックを入れてやってみる。」です。

私の偏った経験ですが、この設定がされていない、またはなぜか勝手に外れていることが多いです。
特にアップデート後にクリアされてしまうことが多いと感じました。関連性はわかりません。

方法

  1. WindowsキーとRを押して、controlと入力してコンパネを開く。
  2. 表示方法を大きいアイコンにする。
  3. プログラムと機能を開く。
  4. Windowsの機能の有効化または無効化をクリック
  5. スクロールして「SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート」を探し展開する。
  6. 「SMB1.0/CIFSクライアントにチェックを入れる」
  7. OKで進める。
  8. 再起動しないでNASにアクセスできるならそれでOK。
  9. ダメなら再起動してみる。

これでNASに接続できない場合、別の方法を検索します。

Javascriptでテキストファイルを出力する方法

私自身、Blobを理解していません。よってコードはコピペです。そして少し変更して任意の文章を出力しました。

let blob = new Blob(['あいうえお'],{type:"text/plan"});
let link = document.createElement('a');
link.href = URL.createObjectURL(blob);
link.download = '作ったファイル.txt';
link.click();

上記のコード少し修正しました。

let array = [
"おはようございます。\n",
"こんにちは\n",
"こんばんは\n",
"おやすみなさい\n",
];
let blob = new Blob(array,{type:"text/plan"});
let link = document.createElement('a');
link.href = URL.createObjectURL(blob);
link.download = '作ったファイル.txt';
link.click();

「\n」コードを付けないと連結されてしまいます。
「new Blob」の第一引数は配列のようです。ここに「let str = “おはよう”;」入れても無駄でした。

ちなみに次のように書けばHTMLを出力できます。

let array = [
"<h2>挨拶</h2>\n",
"<ul>\n",
"<li>おはよう</li>\n",
"<li>こんにちは</li>\n",
"<li>こんばんは</li>\n",
"<ul>\n",
];
let blob = new Blob(array,{type:"text/html"});
let link = document.createElement('a');
link.href = URL.createObjectURL(blob);
link.download = '作ったファイル.html';
link.click();

第二引数のMIMEタイプはこちらで確認可能です。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/HTTP/Basics_of_HTTP/MIME_types

いろいろなものに応用できそうなコードですね。ありがとうございます。

歩きタバコ、路上喫煙が増えたなぁという印象。

珍しくtwitterっぽくブログを書いてみる。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000189195.html

「2018年7月に健康増進法の一部を改正する法律が成立し、2020年4月1日より全面施行されます。 本法律により、事業者の皆様だけではなく国民の皆様におかれても、望まない受動喫煙を防止するための取り組みは、マナーからルールへと変わります。」

これによって行き場を失った人(ホントは「人」じゃなくて「サル」って書きたいけど、サルに失礼かもと思った。)たちがそこら辺で喫煙してます。そこまで他人に迷惑かけて(煙、ニオイ、有害物質のこと。電子タバコも同じです。)喫煙したいという行動は考えられません。

子供のころから思ってますけど、宇宙服のヘルメットみたいのかぶって、煙は外部に出さずに全部本人が吸って体に取り入れてほしい。ヘルメットの内部の装置で浄化した空気だけ排出してほしい。タバコのくわえる方のフィルター?喫煙者に悪影響?そんなんどうでもいい。まず外部に害を出さないでほしい。それだけ。

プログラミングとかけ離れているわけではない。プログラミングをしているとある種のカテゴリーのプログラマーは思考を応用しようとします。逆にそれができないとただのタイプライターなのですが。こういう法律や政治、社会を考えることも思考力の一種です。依存性と嗜好力があるものは正直儲かります。儲かれば税金も入りますからね。正直いろいろ書こうと思いましたが、やめました。

基本的にこのブログで一貫しているのは、みんなが小金持ちになることを望んでいます。そうすればそれがきっかけで社会は良くなります。

それにこがねもちになれば選択できます。日本をよくするのもいいし、街中が喫煙者だらけになったら、国内外問わず移住できますから。もちろんそういう人が多くなれば税収も減りますし、こがねもちたちはおそらくスマートなので、その人達の子供も日本にはいなくなることも考えられます。いま低収入の人たちは、人質ならぬ生活質とも言いましょうか?(すぐにたとえのいい「〇〇質」が浮かばなかった笑。)

まずは時間によって、上の人達がいなくなって世代交代し、こがねもち達によって、選択させるということです。

要素のプロパティはやりながら覚えよう!

記憶力に自信があるならこの限りではありませんよ笑。

「document.querySelector」で要素を取得したとします。取得した要素にはたくさんの情報が集まっています。もし「querySelector」で別の要素を入れ子に持ち、大きな要素を取得したときは、大きな要素から「innerHTML」として大きな要素の中の小さな要素を取得することができます。

<div id="abc">
  <a href="#">リンク</a>
</div>

<script>
let element = document.querySelector("#abc").innerHTML;
//element→「<a href="#">リンク</a>」です。
</script>

「.innerHTML」みたいなものがたくさんあります。