WordPressでクラシックエディタとブロックエディタを両方使えるようにする方法

※プラグイン「Classic Editor」の設定が必要です。インストトールしていない方はインストールして下さい。

  1. 「設定」
  2. すべてのユーザーのデフォルトエディター「BlockEditor」
  3. ユーザーにエディターの切り替えを許可「はい」
  4. 変更を保存
プラグイン「Classic Editor」の設定

プラグイン「Classic Editor」の設定

WordPressエディタ切り替え設定画面

WordPressエディタ切り替え設定画面

この設定で以下の4つのエディタが利用可能になります。

  • ブロックエディタ
  • コードエディタ
  • クラシックエディタ – ビジュアルver
  • クラシックエディタ – テキストver