Thunderbirdのアドレス帳をOutlookの連絡先に移行する

Thunderbirdからアドレス帳をエクスポートして、Outlookの連絡先にインポートする。作業自体はとても簡単だけど、インポート時にフィールドの調整がポイントとなる。

【バージョン情報】

Windows→7,10Pro
Thunederbird→60.6.1
Outlook→Office365

  1. Thunderbirdからアドレス帳をエクスポート
  2. エクスポートしたCSVファイルの中身を確認・変更
  3. Outlookに新しい連絡先フォルダを作成
  4. OutlookにCSVファイル(アドレス帳)をインポートする
  5. 連絡先整理を整理する

【手順】

1.Thunderbirdからアドレス帳をエクスポート

Thunderbirdを開く
メニューバーの「ツール」(バーが無いならAltキー)
「 アドレス帳」
アドレス帳ウィンドウが開く
左サイドバー「すべてのアドレス帳」を展開
出力したい「アドレス帳」選択
(「すべてのアドレス帳」を選択している場合、連続して保存先を指定できます)
メニューバーの「ツール」
「エクスポート」
エクスプローラーが開く
csvのまま保存先を指定(デスクトップにtest.csvで保存)
Thunederbirdを閉じる

2.エクスポートしたCSVファイルの中身を確認・編集

基本的にファイルの編集は自由で、慣れれば編集せずにそのままOutlookにインポートすることができます。

編集パターンは以下です。

CSVファイルの列(フィールド)を3つだけにする。
・名
・表示名
・メールアドレス

パターン1

「名・表示名」がわからなければすべての項目のメールアドレスを入力。

パターン2

名前がわかっていれば、「名」と「表示名」を同じにする。

それ以外の列を削除する。

3.Outlookに新しい連絡先フォルダを作成


重複とか煩わしいことを避けるために新しい連絡先を名前を付けて作成します。(インポートする場所を作る)

  • 「連絡先」画面を開く。(これがわかりづらくて、左下のアイコンがある。メール、カレンダー、連絡先、Todo…)
  • 左サイドバー「連絡先」を右クリック
  • 「フォルダーの作成」(「test」を作成)

ちなみに新しい連絡先をクリックするともちろん何も入っていない。

4.OutlookにCSVファイル(アドレス帳)をインポートする

  • メニューバーの「ファイル」
  • 「開く/エクスポート」
  • 「インポート/エクスポート」
  • 「他のプログラムまたはファイルからのインポート」次へ
  • 「テキストファイル(カンマ区切り)」次へ
  • 「インポートするファイル」を選択(test.csv)
  • チェック「重複してもインポートする」(空の連絡先にインポートするので重複することがない)
  • 先ほど作成した連絡先「test」を選択、次へ
  • 「フィールドの一致」クリック

イメージとしては、「画面分割でThunderbird側とOutlook側が表示されている」という感じ。
Thunderbird側にはさっき編集した通り、3つのフィールドしかないですね!
この3つの項目をOutlook側にドラッグ&ドロップします。
Outlook側で「+」がついているものはクリックで展開できます。
メールアドレスが意外と下のほうにあるっていう…笑。
3つドラッグ&ドロップしたら「OK」をクリック。
前の画面に戻るので「完了」をクリック。
これで追加できました。

5.連絡先整理を整理する

この段階でThunderbirdはお役御免で、あとはOutlook上の作業です。やることといえば例えば…

「メール作成で宛先検索しようとしても追加した連絡先が検索ヒットしない!」

それは検索対象の連絡先が初期値の連絡先を対象にしているからです。
同画面で「アドレス帳」ドロップダウン選択で、さっき作成した「test」を選択できると思います。
でもこれってメンドクサイ…。
連絡先を整理しましょう。
連絡先画面でドラッグ&ドロップができます。
重複していたら「重複してますウィンドウ」が立ち上がるので安心です。

【補足】

要はCSVファイルが仲介となっているということですな!
CSVファイルの上手に編集・加工できれば、Outlookのアドレス帳はこわいものナシってことです。
CSVをエクスポートして、そのファイルに書き込んで、
再度インポートすれば、同じように連絡先を追加・編集することができますね。

注意

ファイルのインポートするオプションで、
□「重複した場合、インポートするアイテムと置き換える」
□ 「重複するアイテムはインポートしない」
のどちらかにチェックをつけないと、連絡先が「重複倍増」してしまいます。
もちろんそんなときもCSVでエクスポートして、ファイルを編集、重複値の抽出をおこなえば簡単に修正できますが手間ですよね。

もっとシンプルだと、自作のCSVファイルでも、フィールド指定してあげれば、Outlookに連絡先を追加できるということです。

慣れたら…?

Thunderbirdから出力したCSVファイルをそのままOutlookにインポートしたいところですが…。もちろんできるんですが、このページを見るってことは、アドレス移行が初めてか久しぶりの方だと思います。
うまく一発でOutlookにアドレスを追加するには「Thunederbirdの項目名とOutlookの項目名」を合わせる必要があります。
設定ウィザードの途中で「フィールドの一致」という設定があります。そのときに作業しやすいようにCSVファイルを編集しておきます。
ちなみにフィールドが一致しないと、データがズレた連絡先が作成されます。
わかりやすく整形するのもいいと思います。
最低限アドレス帳で欲しい項目って、
「誰」
「メールアドレス」
だと思うんですよ。

ThunderbirdからOutlookへメールデータを移行する方法

現在、会社でのメールをThunderbirdのPOP方式で利用している。パソコンがWindwos7からWindows10に入れ替わることになり、メールをOffice365のOutlookで利用することになった。

【流れ】

  1. Thunderbirdのプロファイル(ファイルの場所)を確認する
  2. 隠しファイル(フォルダ)を表示する
  3. MailStoreHomeをインストールする
  4. MailStoreHomeでThunderbirdを取り込む
  5. MailStoreHomeでOutlook用にファイルを変換・出力する
  6. Outlookでpstデータファイルを読み込む
  7. メール整理・移動

【方法】

1.Thunderbirdのプロファイル(ファイルの場所)を確認する

Thunderbirdを開く

メニューバー(無い場合はAltキー)の「ヘルプ」

「トラブルシューティング情報」

プロファイルフォルダーの「フォルダーを開く」

エクスプローラーが開くのでファイルの場所を確認する
メモしておく

エクスプローラーを閉じる

メール全受信しておく(必ず必要というわけではありません)

Thunderbirdを閉じる

2.隠しファイル(フォルダ)を表示する

Windwos10で隠しファイル(フォルダ)を表示する場合は、Windows7とは勝手が異なり(簡単になりました)、エクスプローラーの表示メニューの「隠しファイル」にチェックを入れれば表示できます。
ちなみに表示メニューにある「オプション」をクリックすれば、従来のフォルダオプションウィンドウが表示されます。

3. MailStoreHomeをインストールする

ダウンロード先はGoogleで検索して下さい。
ちなみに記述時点ではこちらです。
https://www.mailstore.com/en/products/mailstore-home/

デスクトップにMailStoreHomeというフォルダを作成(名前は任意)

インストールファイルを実行

「ポータブル版を他のディレクトリにインストール」

デスクトップに作成したフォルダを指定してインストール

MailStoreHomeポータブル版のインストール

4.MailStoreHomeでThunderbirdを取り込む

MailStoreHomeでThunderbirdを取り込む

MailStoreHomeを起動する

「Eメールのアーカイブ」

Eメールクライアント「Mozilla Thunderbird」

参照で先ほど確認したファイル「XXXXX.default」を選択

「高度な設定」は何もせずに次へ

プロファイル名一覧にプロファイルが作成されました

プロファイルをダブルクリック

処理を待ちます

左サイドバー「マイアーカイブ」にThunderbirdのアカウントフォルダが作成される

(もし2つアカウントを持っていれば、2つのアカウントフォルダが作成されます)

フォルダが作成されればMailStoreHomeへの取り込み完了です。

5.MailStoreHomeでOutlook用にファイルを変換・出力する

MailStoreHomeでOutlookファイルを出力する

左サイドバー「マイアーカイブ」を展開し、アカウントフォルダを右クリック

エクスポート先に「Microsoft Outlook PSTファイル」を選択

「Eメールを新規または既存のPSTファイルにエクスポート」
ファイル名・保存先を指定(デスクトップを指定)

「次へ」

デスクトップへの出力を確認する

【出力先について】
説明として視覚的にわかりやすいようにデスクトップにpstファイルを出力しました。
利用するにあたり、出力したpstファイルはOutlookのフォルダに移したほうが絶対いいです。
確認方法は下記の「データファイル」の画面で確認ができます。
Office365の場合は「ユーザーフォルダ>ドキュメント>Outlookファイル」です。

6.Outlookでpstデータファイルを読み込む

Windowsのpsrでキャプチャしたので、枠線が緑でクールではないですが…。

Outlookで.pstファイルを読み込む

メニューバーの「ファイル」

「アカウントの設定」

「プロファイルの変更」

メール設定ウィンドウが開く(最前面に表示されないときもある)

「データファイル」

「追加」

エクスプローラーが開くのでさっき出力したPSTファイルを指定

一覧に追加される

ウィンドウを閉じ、メール受信画面に戻るとアカウントフォルダが追加されています。
(正確にはアカウントフォルダというより、データファイルです)

いいところは、既存のものが破壊されずにMailStoreHomeで出力したファイルが自動的に「MailStoreExport」フォルダを作成して追加されているということです。Thunderbird内のフォルダも作成されていてとても便利です。

今回はThunderbirdのアカウントが1つだけでしたが、アカウントが複数ある場合は同じ作業を繰り返します。

7.メール整理・移動

この段階でメールはすべてOutlook上にあるので、メールの移動やフォルダの移動をドラッグ&ドロップでおこなうことができます。

重複メールがあるけど、無くなるよりマシ!

今回、私はThunderbirdもOutlookもPOP設定です。
「メールをダウンロードしたら7日後にサーバーからメールを削除」するという設定をおこなっています。
Thunderbirdで最後にメールを受信したときと、初めてOutlookでメールを受信したときで数日分のメールが重複してしまうことになります。
しかし、全然気になりません。メールが無くなるほうが不安なので重複が気になりません。(あとで消すこともできますしね。)

最後に

「MailStoreHome」というフリーソフトを利用して、Thunderbirdのメールデータをpstというファイルに変換し、Outlookでpstファイルを開く方法をまとめました。
(記述時点では無料。ずっと無料?そうであってほしい。私たちは依存するしかないので悲。)

一度MailStoreHomeというソフトを通すということがポイントですな!

Windows7のサポート期限切れでパソコンの入れ替えが必至!?

パソコンの入れ替えが発生し、元のパソコンの処理速度が遅い場合は、まず「元パソコンから新パソコン」へThunderbird同士の移行がおすすめです。
「Thunderbirdのメールを別のThunderbird(別のパソコン)に移行する」
一度Thunderbird同士でメールデータを移行し、その後Outlookに移行するという順番になりますな!

今回はPOPを前提としていいますが、IMAPで使っている方でも会社で保存できるストレージの容量が決められていて一部のメールをローカルに保存している場合は、この方法が使えるかと思います。

【バージョン情報】
Windows→7,10Pro
MailStoreHome→12.0.0
Thunderbird→60.6.1
Outlook→Office365

WordPressでよく使うブロック

ブログを始めて最初は使うブロックが決まってくる

というより、慣れても「それなりに表示されればいいじゃん!」と思ってしまい、ブロックの使用幅に向上がなくなる(泣笑)

【ブロック】

見出し

大体使うのはh2とh3くらい。
それ以外はあまり使わない。

段落・文章

pとbrをよく使う。brはshiftキー押しながらエンターで改行できる。
改行は意味のないとこではSEO的に不利と言われるが、自分の長年の改行タイミングから抜け切れずにいる。
みんなも持っているでしょ?「自分だけの改行」

リスト

1行で短くサクッと書くものに対してよく使います。
逆にリスト項目に対して、何か詳細を書くときはリストを使いません。
というか、WordPressのブロックのおせっかいに戸惑います。ただ慣れていないだけですが…泣笑。
詳細を書くときは思い切って、リストブロックを使いません。これはSEO的に不利かもだし、構造的におかしいかもですが、h3とpでそれっぽく表示されるものを作ります。

例えばこんな感じ。
h3項目
p
h3項目
p
h3項目
p

整形済み(preタグのことかな?)

たいていのブラウザで「ctrl+U」を押すとHTMLソースコードが確認できます。
大体コードとか書いたり、なんか補足や例えを書くときに使ったりします。これもSEO的に不利な気がします。
でも、それっぽく見えるのでつい使ってしまいます。
(ここはいずれ直さないと…と思っています悲。)

画像

なにも言うことありません。画像入れたいときにこのブロックを使います。

リンク

ctrl+kでリンクを貼れます。このショートカットキーは意外とラクで直感的です笑。
ここはブロックごとの詳細設定で「HTMLとして編集」を選択して、整形しています。

ちゃんと使いましょう笑!

探せばちゃんとやりたいことに適したブロックがあります。
例えば、コードを載せたいなら、「コードブロック」を使いましょう!引用もちゃんとそれ用のタグを使いましょう!みたいなことです。

「ただ書きたい!」だけではダメ?

初心者のうちは使うブロックが大体決まってくる。
ネットで調べてみると、「SEO対策するなら、HTMLのタグの構成をしっかり意味のあるものにしたほうがいい!」らしい。
うん!それは絶対したほうがいいと思う。
というか、なんだって「したほうがいい」に決まっている!
しかし、どこに重点をおいて、何を重視して、優先順位を決めることは重要だと思う。
WordPressを始めて日が浅い。私自身、今日画像の作り込みにハマった…。
「これどれだけ時間かけてんだ…?」とあとになって無常に過ぎ去った時間を後悔している。まぁ経験か。
しかも、作った画像は時間をかけた割には完璧じゃない。
むしろ作り直したい泣笑。
「あれ?目的ってなんだっけ?画像もわかりやすく表現するために必要な要素だけど、当初の目的ってなんだっけ?いちばん大事なことってなんだっけ?」と自問して目的を思い出す。
最初はこんなんでいいのかな。

Thunderbirdのメールを別のThunderbird(別のパソコン)に移行する

【 使用している環境 】
Windows10Pro64bit
Thunderbird60.6.1

【結論】

「Thunderbirdフォルダ」 をコピペする。

【方法】

  1. 新しいパソコンにThunderbirdをインストールする。
  2. 古いパソコンのThunderbirdを開き、メニューバーの「ヘルプ」をクリック(メニューバーがない場合は、「Altキー」で表示。)
  3. トラブルシューティング情報をクリック
  4. 項目一覧内のプロファイルフォルダーの「フォルダーを開く」をクリック。エクスプローラーで該当の場所が開く。
  5. Thunderbirdを閉じる。
  6. エクスプローラーのフォルダの階層を、
    「C:\Users\user\AppData\Roaming」まで戻り、「Thunderbird」をコピーする。
  7. コピーした「Thunderbird」フォルダを一時的に自分のわかりやすいところに保存する。
    • デスクトップでもいいし、
    • USBメモリでもいいし、
    • 新しいパソコンとフォルダ共有しているなら、そのフォルダでもいいし、
    • リモートデスクトップで接続できるなら新PCのデスクトップでもいい。
  8. 新しいパソコンでも「ヘルプ」>「トラブルシューティング情報」を開き、プロファイルを確認し、階層を戻る。
  9. 新PCのThunderbirdを閉じる。
  10. 「Thunderbirdフォルダ」を先ほど保存した「Thunderbirdフォルダ」を貼り付ける。このときに、新PCの「Thunderbirdフォルダ」にアンダーバーを入れてリネームし、バックアップしておく。(「Thunderbird」→「_Thunderbird」)
  11. 新PCでThunderbirdを開く。すると、メールの移行が完了している。

【参考】

参考…と言いますか、ThunderbirdのWebページに記載がありました。

Thunderbird のデータを新しいコンピューターに移動する Thunderbird ヘルプ(https://support.mozilla.org/ja/kb/moving-thunderbird-data-to-a-new-computer)

個人的には「えっ!?いままではプロファイルを移動して…」と聞いていたが、この記事の内容は自分の認識と違っていました。とても簡単でわかりやすく、おこなっている作業も簡潔だと思いました。

【感想】

めちゃくちゃ簡単だった。
こんなに簡単だったっけ?
それとも自分が知らなかっただけ?
とにかくとてもいいと思う。

WordPressの設定は保守性高めで!

現在設定していること

WordPressをインストール後におこなった設定です。
WordPressバージョン5.1.1

  1. 設定>パーマリンク設定>URL表示は「?p=xxx」とする。
  2. 設定>一般>サイトアドレスとWordPressアドレスを「https」にしたこと。
  3. 外観>テーマ>最初から用意されている「Twenty~」のどれかを好みで選択。
  4. 外観>カスタマイズ>ヘッダーメディア>ヘッダー画像>画像を非表示
  5. 外観>カスタマイズ>ウィジェット>ブログサイドバー
    • アーカイブいらない
    • メタ情報いらない
    • 最近のコメントいらない
  6. 設定>ディスカッション>任意の項目のチェックの有無

できるだけデフォルトで使用する

今後も少しずつ設定項目を書き足そうと思っていますが、
設定のポリシーというか目標は以下です。

  • 保守がラクなこと(というか何もしたくない)
  • 再現性が高いこと(できるだけ二度と設定したくない)
  • できるだけ記事を書く以外のことはしたくない(逆に書くことだけしてたい)
  • 依存先、依存性をできるだけ低く保つ(障害に時間を取られたくない)

いまのところこんなもんでしょうか?
私自身、やっとブログを始めることができましたが、その原因の一つに検索病があったと思っています。
それはいまもありますが…。

あれこれ検索して目的を見失う

要は失敗したくないので、あれこれ調べまくって答えが見つからない。でもITのツールは流行り廃り早く、新しいツールや技術、情報が次々と現れて、選択肢は常に増えていき、答えも結局見つからない。

もちろんブログを始めなかった理由にしては責任転嫁しすぎというか、メンタルの弱さというか…。
ブログを始めることができなかった原因は、ほとんどが行動力の無さが原因でした。
話が逸れました。

正しいかどうかはわからない

検索してみると、SEOパックとか、SEO表示を上げるための設定とか、WordPress運用をラクにするプラグインとかいろいろとありますが、私はそれをしないことで得られない効果があることを理解しないといけない。
トレードオフとも言えるだろうか?
性格が器用ではないので、あまり多くのこと同時にこなすことができない。
だとすれば、優先すべき行動を考えた結果、「とにかく書くこと、アウトプットすること」だった。