いざ記事を書く!と思いきや…何も書けない。

結論

何もなくても書け。今日のお昼のおかずについてでもいい。そこから派生させて書いてみろ!

とにかく動く、実践する…。

何も書けない…。敵前逃亡…。
書きたい気持ちは山々だが、いざとなると動けなくなる。
これもきっと「ちゃっとしないといけない症候群」なんだろうな。

逆手に取る!?

現代人はせっかちで時間がない。そのくせわがままですぐに答えを得ようとする。それができなかったら…逆ギレするのだ。言い過ぎか笑。

それではシンプルに相手が求めているものを提供しましょう。
大した記事でもないのに長々と結論見えずに相手の時間を奪うことが悪となってきている最近です。個人的にはそう思います。もしかしてこの記事も?はっ!?

肉を切らせて骨を断つ戦法!

調べてみると捨て身の意味が強いようですね。個人的には投資の意味合いだと思っていましたが。ギブアンドテイクって意味も感じてました。要は試食みたいな感じでしょうか?

キーワードはニーズだ。そして向こう側見る。

  • 「胸筋 トレーニング」→筋トレの中でも胸をあえて調べている。上半身をかっこよくしたいのかな?モテたいのかな?
  • 「足 速く 方法」→運動会が近いのかな?1位になりたいんだね?なってどうしたいのか?モテたいいのか、勝ちたい相手がいるのか?
  • 「肌荒れ ビタミン」→肌荒れ勘弁してだよね。ビタミンで検索しているけど、いろいろ検索してビタミン不足だと思ったのかな?モテたいのかな?

全部、モテたいのかな笑?

コンテンツ作成

タイトル

読み手にストレートに伝わるベネフィットを書こう!

書き出し

期待、グッと引き込み、思わせぶり内容を明確に書こう!

本文

徹底的にわかりやすく書こう!

結論

もう一度、明確に伝えること書こう!

スタンス

いろいろ考えて「ダメだ、こんな上手に書けない」と思うくらいなら、上記のルールは無視してとりあえず書いてみよう!

引用

https://bazubu.com/10stepscr-1097.html